山口地区環境衛生協議会主催の掲題の口座が、8月5日14時~15時30分の時間帯で開催されました。
回覧をして案内していましたが、受講生は非常に少なく我が上山口東からの参加はゼロでした。
今日の口座のポイントを以下に記します。


・身近にいるいや~な虫たちと題して、蚊とダニの話がありました。
・その中で、ビルゲイツ氏のデータが開示され、動物が人を殺す数字がありました。①番は蚊で年間725,000人を殺しているそうです。②番は人間で475,000人、③番がヘビで50,000人、④番が犬で25,000人と続きます。何とカバが5000人象が100人ライオンが100人、オオカミが10人、サメが10人というデータもありました。(犬の数字はは狂犬病を発症して亡くなる数字です)あのカバが人を殺すのなんて信じられますか?

・蚊は、マラリアやデング熱、日本脳炎やジカ熱等を発症させますので、蚊の発生源対策が必要です。水のたまり場所がボウフラの発生源となりますので、対策を講じましょう。 詳しくは⇒⇒⇒こちら

ダニは、小児喘息のアレルゲンにもなりますので除去が必要ですが、湿度40%以下・温度50度以上で死滅します。しかし死滅しても死骸や糞が残っているので掃除機をこまめに使って除去しましょう。天日干しが効果的だと言われて来ましたが、あまり効果が無いようです。
西宮市では、家庭のダニの調査を無料で行っています。担当部署は【環境衛生課】です。喘息などでお困りの方は一度調べて貰ったら如何ですか?ダニ対策の助言もしてくれるそうですよ。申し込むには資料の提出が必要で、支所に資料が置いてあります。