西宮市立北六甲台小学校の本年度第2回教育連携協議会が10月26日の10時30分~11時40分で開催されました。
メンバーは、校長先生・教頭先生・PTA役員・学校評議員・地区自治会長・青愛協会長・スポーツ21会長で、議事内容は、①小学校の教育の現状について②小学校と地域との交流のあり方について③小学校の設備改善について④登校時の危険エリアの幡当番について⑤その他意見交換等のテーマで会議が行われました。
最近の会議は、学校側からの情報開示がなされるようになり、昔のように「臭いものは蓋をする」といったことは無くなってきたように思えます。今の北六甲台小学校はいじめの問題も無く、穏やかな環境が保たれています。
少子化に伴い今後はクラスが減る傾向が続くので、連携のあり方も多様化せざるを得ないのかも知れません。