1月7日はこんな日です。
七種(くさ)、七種(くさ)粥……春の七種(くさ)を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べる。七種は、前日の夜、まな板に乗せ、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う意味がある。
「春の七種(くさ)]とは、芹(せり)・薺(なずな・ぺんぺん草)・御形(ごぎょう・母子草)・繁縷(はこべら・はこべ)・仏の座(ほとけのざ・田平子)・菘(すずな・かぶ)・蘿蔔(すずしろ・大根)
人日(じんじつ)・七日正月……五節句の一つ。古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日として、犯罪者に対する刑罰は行わないことにした。
また、7種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草粥となった。日本では平安時代から始められ。江戸時代より一般に定着した。
爪切りの日……新年になって初めて爪を切る日。7種を浸した水に爪をつけ、柔らかくして切ると、その年は風邪をひかないと言われている。
千円札の日……1950(昭和25)年のこの日、1946(昭和21)年の新円切替後初の千円紙幣が発行された(当時の最高額紙幣)。肖像画は聖徳太子だった。初の千円札は1945(昭和20)年8月に流通開始した日本武尊の肖像のものであったが、新円切替により1946年に失効していた。聖徳太子の千円札は、1965(昭和40)年に伊藤博文の千円札が発行されるまで使用された。
虐殺政権からの解放の日(カンボジア)……1979(昭和54)年のこの日、ベトナム軍の支援によりカンボジア救国民族統一戦線がカンボジアの首都プノンペンに侵攻し、ポル・ポト政権が崩壊した。1975(昭和50)年4月から約4年の間に数十万から数百万のカンボジア人が粛清された。

今日の出来事は
・1974(昭和49)年……テレビの深夜放送が中止石油危機による電力消費を節減するための措置
・1984(昭和59)年……ひとり暮らし高齢者が100万人突破。厚生省の「厚生行政基礎調査」で判明した。
・1989(昭和64・平成元)年……昭和天皇が崩御。この日の午前6時33分、吹上御所において、崩御された。死因は十二指腸腺がんで享年87歳。在位62年・2万2660日は、歴代天皇の最高齢・最長在位記録