1月10日はこんな日です。
110番の日……警察庁が1985(昭和60)年12月に制定し、翌1986年から実施。全国の警察で、ダイヤル110番の有効・適切な利用を呼びかけるキャンペーンが行われる。110番はGHQの勧告で1948(昭和23)年10月1日に、東京等の8大都市で始められた。東京では最初から110番だったが、大阪・京都・神戸では1110番、名古屋では118番等地域によって番号が異なっており、全国で110番に統一されたのは1954(昭和29)年だった
十日戎……七福神の一柱である恵比寿様を祀る神社の祭礼で、西日本で行われる。商売繁盛を願って多くの人々が参拝し、縁起物を飾った笹や熊手を授かる。多くの神社では前日の宵戎から翌日の残り福までの3日間行われるが、前々日の宵々戎から行う神社もある。
明太子の日……福岡の食品会社「ふくや」が制定。1949(昭和24)年のこの日、前年までふくやの創業以来研究を重ねてきた「明太子」を初めて店頭に並べ、福岡名産「からし明太子」が誕生した。明太子は助惣鱈(すけそうだら)の卵(鱈子)の塩からで、元々は朝鮮半島に伝わる家庭の惣菜だった。これを日本人の口に会うように味付けした。この日とは別に12月12日も「明太子の日」になっている。
かんぴようの日……栃木県が制定。干瓢の「干」の字を分解すると「一」と「+」になることから。
さんま寿司の日……三重県熊野市のさんま寿司保存会が2004(平成16)年に制定。熊野市の産田神社でこの日に行われる例祭の後の直会で、熊野灘沿岸の郷土食「さんま寿司」の原形とされる寿司が出されることから。
糸引き納豆の日、糸の日……全国納豆協同組合連合会が2011(平成23)年に制定。「い(1)と(+)」の語呂合わせ。この日とは別に同会は、7月10日を「納豆の日」としている。
・インテリア検定の日……インテリア検定を実施している日本インテリア総合研究所が制定。「イン(1)テ(10)リア」の語呂合わせ。

今日の出来事は
・1962(昭和37)年……中性洗剤の有害性に警告。「長期間使い続けると、肝臓や皮膚が冒されるおそれあり」と、東京医科歯科大学の柳沢文徳教授らが指摘した。
・1974(昭和49)年……救援投手の「セーブ記録」を採用。プロ野球界が、アメリカ大リーグの制度である「セーブ記録」の採用を決定した。
・1978(昭和53)年……制服警官が暴行殺人。東京・世田谷区のアパートで、巡回連絡と告げて侵入し女子大生に乱暴を加えて殺害。第一発見者を装ったがちぎれた制服のボタンなどが証拠となり逮捕、無期懲役の判決が下った。
・1990(平成2)年……講談の定席、上野の「本牧亭」閉じる。最後の畳敷きの寄席として親しまれてきたが、40年の歴史を閉じた。この日は講談協会の面々が総出演した。